僕はママと二人暮らし。
仕事と家事、父親と母親の両方を一人でこなすママは
決して人に弱さを見せない強い女性。
けれども僕は見てしまった。
ママが寝室でオナニーしてる所を。
「欲しい・・・」と哀願しながら自身の中に指を出し入れ
してる健気な姿を見て以来、僕はママを見る度イヤラシイ
気持ちになり、勃起が収まらなくなってしまうんだ。

母の寝室で見つけた、シミ付きのパンティーでオナニー
するが、それでも悶々とした日が続き、ついには母との
セックスを強行する息子。
これはイケナイ事だから、と息子を諭す母だが、その身体は
あまりにも久しぶりの男性器に悦び、受け入れていた。

表紙1頁、本編34頁、後書き1頁
WEB SERVICE BY FANZA